LT大会を終えて

わいわいLT大会

登壇者,視聴者のみなさま.LT大会お疲れ様です. 今年も癖のある発表やためになる発表が多くてとても楽しかったです. さて,私自身は今年は運営も行っており,次年度の参考にもなるかな〜と思う点がいくつかあるので反省を交えつつ書いていきます.

発表環境

今回の環境ですが,YoutubeLive を用いたオンライン配信となりました. 具体的には zoom + OBS で Youtube に配信をしてました. 登壇者は zoom で画面共有を行い発表し,それを私がOBSでキャプチャして配信した感じです. 初期案では zoom の映像をそのまま Youtube に飛ばす予定でしたが,プロ版しかその機能が使えなかったので OBS を挟みました.

運営人数的な話

とりあえず運営やりたい人を集めたのですが自分ともう一人しかいなくてちょっと作業量が多かった感じはします. 正直 3~5人くらい欲しい. あと後輩に引き継ぐために B2 ももう少し参加してほしかった...

B3はゆるさない 嘘です.

反省

  • もっと早くイベント公開をする(一月くらい前が理想)
  • プロ1とかでB1 に向けて勧誘する(今回はできなかった)
  • 運営を集める
  • できるだけ登壇者は有線を使うように呼びかける
  • etc...

良かったところ

  • 意外とスムーズに進行できた(途中マイクミュート芸したが)
  • 他学部の学生が発表してくれた(嬉しい)
  • twitter タグを拾ってくるBOTを稼働させた(https://github.com/AnaTofuZ/yamabikotwit2matter)
  • いい感じに質問拾えた
  • みんな楽しそうだった(ヨシッ)

2021年の目標

さて,2020年も終わりを迎えようとしています. 今年の振り返りは前に行ないましたが,まだ見ていない方はここから見れます => issei-ie.hatenablog.com

それで今回は来年の抱負を行います.主に技術的な話とか

来年の抱負

バックエンドの抱負

GraphQL とか gRPC を少し触ったのでそこをもうちょい深めていきたい... あと golang で swagger を楽に作れるライブラリ?が存在したのでそれも触りたい.

フロントの抱負

ちょこちょこ Vuejs 触ってたんですけどまだやった時間が足りないので練習していきたい. あと GUI フレームワークを一つくらい触れるようになりたい.

ちょっと手を出したい分野

人工知能とか,データサイエンスとかやってみたい. 英語は頑張ります...

大学生活とか

音楽が好きなのでサークルも頑張りたい

使用していきたいサービス

scrapBOX

その他

勉強する機会は大学が最後なのか?

そうではないと思います. ただ,恐らく自分が苦手に感じている数学や英語(最近ちょっと楽しい)は大学を逃すと自分から勉強しようとは思わない可能性があるので頑張りたい

どうやらこいつは数学が苦手らしい

まぁ苦手っていうかやってないだけですね... 積分を楽しめる能力を身に付けたいです...

どうやらこいつは英語が苦手らしい

こっちもやってないだけですね,ただ英語は必要性を今すこぶる感じるので数学よりはモチベーション高いです. ちなみに数学の必要性を英語より感じていない理由は,そもそもあると何ができるかわかってないだけだと思います.

どうやらこいつはこうなりたいらしい

かなり話は変わりますが,将来的にはサブカルチャーを盛り上げる人になりたいです. 本職でソフトウェアとか開発しつつ,趣味で音楽とかやっていけたらなぁとか. 私が子供の頃に遊んでたゲームの作者さんとかに憧れがあるので,そういう感じの人になりたいです...(某虫ゲームの人とか吉村**さんとか) まぁゲームを作れるデザイン力がないので色々と難しいところはありますが.

院進?就職?

研究したいことが見つかれば院進したいですね. 今のところは就職して現場でゴリゴリ作品を作りたい欲が強いです. 就職してから院進する道も視野にはあります.

ポートフォリオどうすんのよ

そういえばポートフォリオと思えるものが何一つないので何か欲しいですけどしょうもないの作ってもなぁって感じです.

何か作りたいものないの?

一応友人の手伝いでチョコチョコやってるやつを完成させたら他に何かやろうと思います, アイデア帳みたいなやつに色々と欲しい物は書いてるのでそれを完成させようかなぁと.

Tweetで一年を振り返る

ここのところ寒さを感じ,半袖では生きにくい季節になりました. 今年も色々と大変な年でしたが,一年を振り返るにあたり,皆様はどのようにして振り返りを行いますか? 日頃から特に出来事をブログとして残していなかったり,写真もあまり撮らない私ですが, そこそこ Twitter は使用しているので,今回は私のツイートを利用して一年を振り返ってみようと思います(誰得). ではでは早速,1月から.

1月

ここまで見て頂いた方には申し訳ありませんが多分この振り返り面白くないです

1月1日,年越した瞬間に何していたかなんて覚えていないですが,どうやらこいつは12月31日に正解を発表すると言ってますね(果たしてどうするんだろうか

2-3月

ソフトウェアアーキテクチャが気になるお年頃だったので,多分クリーンアーキテクチャについて調べてたと思います(該当ツイート無し)

あと,この頃から カニ のマークを多用してるっぽいです.

4月

確かサークルが行けなくなったり行けたりしたのがこの時期だったのか,プログラミングをする時間が増えたと思います.

それ関連で,教務情報の投稿を通知するBOT作って遊んでましたね.

実はie生以外のために Twtter アカウントも作ってて,こそこそと活動してます. 大学から何か言われるかなと思ったのですが特に何もないので現在も稼働してます. twitter.com

あと諸々でバイトが消えました(消滅)

あとあと,授業料が引き落とされないうんぬんかんぬんで事務と10月くらいまでメールでやりとりしてました.途中全然返事が返ってなくて悲しかった...

5月

ここらへんから課題が多くなってきて,同学年の人に課題の内容を質問したりしてる感じですね. 具体的には,課題が1個終わると2個新しく投入される謎サイクルが始まっており,自分が負債を抱えていると気がついたときには破綻寸前でした. 一応どうにかこうにか気合いで乗り越えました(睡眠と食事の大切さを再実感した).

6月

3月くらいから引きずってた口内炎っぽいのが口内炎じゃなく,粘液嚢胞だと判明. チューバが吹きにくいので 7月に 手術することにしました.

あと琉大病院の天井に設置されてる機材等を運ぶマシーンが楽しいそうだと思いました(小並

他はひたすら課題やってましたね...

あとサーキュレーターの掃除をするために色々と解体したら元に戻らなくてそのままオジャンになりました.

7月

前述した粘液嚢胞を琉大病院で手術し摘出しました. なお来月には親知らず4本抜歯するために入院する模様.

また,某講義のテストでTLが荒れてた.

8月

確かmidiキーボードとベースを買った気がする...

あと 救済措置 っていう件名で共通講義の教授から連絡来てビビりました(2件).いや,みっともないとは思ってるのですが...

9月

友達のお手伝いをするために vue 勉強したり golang 書いたりしてました(まだ終わってない,ごめん)

10月

サークルの方から誕プレでたこ焼き器貰った(意訳:お前の家でたこ焼きしたいから家掃除しとけ)が,12/8現在,諸々でまだやってない.

11月

お酒に弱いことが判明した(多分

漫画を読み始めた.(ウロボロス面白かった) あまり漫画は読んでこなかった(コマの読み方がわからなかった)人ですが,最近その反動か,色々と読んでます.

あと,サークルの演奏会を行いました. 感想はこちら.

issei-ie.hatenablog.com

12月

今このブログを書いている.

感想

11月の演奏会で個人的に差し入れして頂いた酒を飲みながら書いているので文章が荒くても許して... 実は今年って家にいるだけで何もしてないと思ったのですが,案外色々な事してるなと思いました. ここには書ききれない(思い出せない)こともありますがそれはまたいつかの機会に書けたらいいなと思います. まだ12月も始まったばかりです.最後まで気合い入れていこうと思います.


12/9 追記

ぷち演奏会の感想

実は私が吹奏楽をやってる事を知らない人は少なくないのではないでしょうか. 金管楽器であるチューバの演奏と指揮者を大学からスタートしました. 高校は少しだけギターをやってましたが,ひょんな事から吹奏楽にシフトチェンジしていきました.経緯は割愛.

我々は演奏会やコンクール等に向けて練習を行うのですが,諸々のイベントが諸々でおじゃんになっています. 実際に今年の2月に予定されていた演奏会は公演中止になりました(悲しい). そのような情勢でも,小さいとはいえ,演奏会を開催できたことを嬉しく思います.直前まで色々とありましたけどね

それで感想ですが,やはり人前で演奏を行うことは楽しかったです.直前まで緊張して仏頂面になってましたが, 一度演奏が始まると,曲に対する思いをいかに表現するかに集中し,緊張なんて飛んでいきました(思いが強すぎて最後は爆発しましたがw).

また仲間と曲を作り上げる過程が我々自身をも創っていると確信しましたし, 同時に,まだまだ未熟な演奏であることを再自覚し,多くの人を感動させられる曲を作りたいという想いが溢れました. まぁ,感想を一言でまとめると,これからも頑張ろうってことですね,当たり前かもしれませんが.

さて,今回の演奏会を行うにあたり,多くの方の協力がありました. 部長を筆頭に演奏会を行える環境を作って頂いた仲間や,顧問の教授を含めた多くの人たちのサポートがありました.ありがとうございます. また,スタッフで参加してくださったOBや,当日演奏会を視聴,会場にお聴きに来て頂いた方も本当にありがとうございます.

また,私宛に差し入れをくださった某先生もありがとうございます. 美味しく頂きます. 最後に,来年の3月に行われる予定の定期演奏会が無事開催できることを願っております.

DBが絡む関数のテストとか

今年度後期,一発目の講義はソフトウエア開発演習でした.

昨年度までは Swift を使用したios向けのアプリケーション開発だったらしいですが, 今年度は自由にやっていいとのこと.(CUIツールでもいいらしい)

そして授業の流れとしては最初数回は自由にプログラミングの勉強をしてもらい, 残りでチーム開発を行うらしいです.

第一に思ったことはかなり自由にやれると思いましたが,自由すぎて何したらいいかわからないっていう点もありそうです. 例えば,今日は早速50分程度自由にプログラミングの勉強をしてもらう感じだったのですが, 教授がAOJを進めたこともあり,ほとんどの人がAOJやってるようでした. もちろん全然悪くないのですが,私は競プロより何か作ってる方が好きなので web app 関係のことを調べてました. (本音は仲間が欲しかった...)

それで,直近で考えていたことがDBが絡む場合のテストについてだったのでそれについて調べてました. 例えば,mockを立てるとスピーディーにテストを行うことができますが, SQL文自体のテストはできないので本当にそのSQL文が正しいかどうか判断することはできません. あくまでも,このSQL文が来た時にこれを返すっていう設定を書いて 絶対にこの値が戻ってくると仮定しながら検証していきます.

実際のSQL文で返ってくる値が異なる場合,バグが発生する可能性があります(多分さっきやらかしました) なのでSQL文のテストとmockを使用したテストの2つを書き,SQL文のテストの場合はテスト用のDBを建ててそれを使うのがいい気がします.

ただ,毎回汚れたDBを綺麗にするのも面倒なので,どうにかできないか考えてます. 例えば docker を使えば起動時にスクリプトを実行してデータを流すことができますが,起動に時間がかかるのが懸念事項です.

こういうことは講義時間以外でもやってるので,90分時間が増えたと思って来週も何か面白いこと勉強できるといいなぁと思います. あと書いた後に思いましたが,テストを2つにわけるのは当たり前でしたね. DBじゃない場合のテストを考える場合でも,このような思考になると思います.

vue.js & bootstrap でいい感じにオブジェクトを配置できなかった話

<div class="container">
  <div class="row">

    <div class="col-3">
      <p> hoge </p>
    </div>
    <div class="col-3">
      <p> hoge </p>
    </div>

  </div>
</div>

みたいな感じだとしっかりとグリッドシステムが機能するけど

<div class="container">
  <div class="row">

    <div v-for="i in 2">
      <div class="col3">
        <p> hoge </p>
      </div>
    </div>

  </div>
</div>

こんな感じだと機能しなかった.

9/26追記

<div class="container">
  <div class="row">

    <div class="col3" v-for="i in 2">
      <p> hoge </p>
    </div>

  </div>
</div>

これだと動作した.